死ぬまで塩漬け株?損切りできない男の憂鬱

株の損切りできずに塩漬けになった株。このまま死ぬか取り戻せるか?下手くそトレードを公開します。

為替操作の監視リスト対象入りで円安は止まらない

f:id:siozukekabu:20210606194708p:plain

止まらない円安に絶望感に襲われているあじゃぱーです。

先週の振り返り

米国市場が不安定で日本市場も重い展開でした。
先週の日経平均終値は38,596.47円と先々週末から-218円(-0.56%)

さて、先週のポイントのおさらいです。

  • ドル円159円台後半で為替介入水準まで円安進行
    ドル円は週初157.3円から週末159.7円と2.4円の円安。他の通貨に対しても円安で円は独歩安です。ポンド円は202円、豪ドル円は106円とクロス円は為替介入前を超えてます。

    ドル円 日足チャート(6ヵ月間)
    「7月の日銀政策決定会合まで円安か?」と予想しておきながらロングしても薄利で利確。押し目もなく入れずで、先週もショートのスワップ金利で損失。
    スキャルでコツコツ作戦より週末まで保有しておくべきでした。

  • 予想通りサンバイオは一転2日連続ストップ安に
    19日、SB623の再生医療等製品「アクーゴ」の製造販売承認が条件付きで承認の発表を受けてPTSではストップ高だったんですが、一転ストップ安に。
    これを受けて東京市場でも20日から2日連続のストップ安。18日の高値1,273円から21日は698円と予想通りの展開でした。
    ただ条件を満たせば来年にも出荷できるかもとの期待はありますので、望を捨てずに塩漬け保有です。

 

今週の予定 

6月24日(月)

17:00 (独) 6月 IFO企業景況感指数

決算発表
(8227)しまむら

6月25日(火)

22:00 (米) 4月 ケース・シラー米住宅価格指数
23:00 (米) 6月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)
23:00 (米) 6月 リッチモンド連銀製造業指数

6月26日(水)

10:30 (豪) 5月 消費者物価指数(CPI)
23:00 (米) 5月 新築住宅販売件数 

6月27日(木)

21:30 (米) 1-3月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)
21:30 (米) 5月 耐久財受注
21:30 (米) 前週分 新規失業保険申請件数
21:30 (米) 前週分 失業保険継続受給者数
28:00 (メキシコ) メキシコ中銀、政策金利(前回)11.00%→(予想)11.00%

6月28日(金)

15:00 (英) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP、改定値)
15:45 (仏) 6月 消費者物価指数(CPI、速報値) 
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
21:30 (加) 4月 月次国内総生産(GDP) 
21:30 (米) 5月 個人消費支出(PCEデフレーター)
22:45 (米) 6月 シカゴ購買部協会景気指数
23:00 (米) 6月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値

 

今週のポイント

「監視リスト」対象でも政府・日銀の為替介入はあるか?

先週21日、アメリ財務省が通貨を意図的に誘導する為替操作を行っていないかをチェックする「監視リスト」の対象に日本が追加されました。
日本のほか、中国と台湾、ドイツ、マレーシア、シンガポールベトナムの計7か国・地域が監視対象。

今年4月26日から5月29日に過去最大の9兆7885億円の為替介入を行っても効果なし。
イエレン米財務長官には怒られるし、もう円安に打つ手なし。
7月末の日銀政策決定会合まで待ってたら170円くらい行くかも。

7月のETF分配金捻出絡みの売りに警戒か?

7月は株式を組み入れた上場投資信託ETF)の分配金支払いが予定されており、特定の日に換金目的の売りが集中すると言われています。

2023年は7月入って10日間で1,000円近く日経平均は下げています。

7月上旬は株を買わないほうがよさそうですね。
私は資金がないから関係ないけど・・・

 

今週の投資戦略

少しは期待していたサンバイオはSB623が条件付き承認で週末ストップ安。来年まで塩漬け確定。株は資金がなく当分動けそうにない。

 

FXは4月・5月の為替介入水準まで円安が進み、証拠金維持率が100%割れ寸前。

賃金は月末にしか入らないので今週は生きた心地のしない一週間になりそうです。

問題は月曜日の寄り付き。仕掛けで160円超えから始まりそう。
そうなるとストップロス巻き込んで一瞬で163円はいくのでは行くのでは?

 

そうなると退場かも・・・

 

円安・物価高で欝病悪化。将来に絶望感しかない。

今週は仕事にも集中できそうにない。。。

 

持株の評価損益

現物取引(口座1)

銘柄 買値 時価 評価損益
(2929)ファーマフーズ 1,863 × 100株 998 -86,500円
(4592)サンバイオ 2,596 × 100株 698 -189,800円
(6203)豊和工業 1,208 × 100株 838 -37,000円

口座1の現物評価損益合計 -313,300円(先週比-4,600円)

現物取引(口座2)

銘柄 買値 時価 評価損益
(2121)MIXI 5,765 × 100株 2,931 -283,400円
(3692)FFRIセキュリティ 12,014 × 100株 2,055 -995,900円
(8202)ラオックスホールディングス 4,920 × 100株 214 -470,600円
(8411)みずほフィナンシャルグループ 4,850 × 100株 3,100 -175,000円

口座2の現物評価損益合計 -1,924,900円(先週比+25,400円)

 

ブログ村に参加しています。ポチっと応援して頂けると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

サンバイオ祭りの賞味期限は6月18日までか?

f:id:siozukekabu:20210606194708p:plain

毎回作戦通りにトレードできずに悔しい思いしているあじゃぱーです。

先週の振り返り

先週の日経平均終値は38,814.56円と先々週末から+131円(+0.34%)

米CPI、FOMC、日銀政策決定会合と先週は重要イベント目白押しで為替は乱高下。

ドル円 15分足(5日間)
  • 米5月消費者物価指数(CPI)は市場予想下回りドル円一時155円台に
    12日の米5月消費者物価指数(CPI)でドル円は155.7円台を付けて、その後のFOMCで予想通り政策金利据え置き。結局、156.7円台まで戻しました。
    156円割れならドル円ロング放置の作戦だったのですが、CPI発表後の155.8円台を拾ってFOMC前に10pで利確。自ら作戦を放棄して後悔です。。。
  • 日銀金融政策決定会合の結果後に1ドル158円台の円安に
    14日の12時20分頃に日銀は「追加利上げ見送り、国債買い入れの減額方針」を発表。ただ、具体的な減額の計画は7月に先送り。
    ドル円は植田日銀総裁の会見前の15時10分頃に158円台を突破して158.25円を付けた後は静かな展開。
    今回は「植田日銀総裁が喋ると円安」のアノマリーは外れ。
    しかし「国債買い入れの減額」をまたも発表前にリークしたのは許せんね!

先週はスキャルの回転が悪くてショートのマイナススワップで損失でした。

 

今週の予定 

6月17日(月)

08:50 (日) 4月 機械受注
11:00 (中) 5月 小売売上高
21:30 (米) 6月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

6月18日(火)

13:30 (豪) 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表(前回)4.35%→(予想)4.35%
18:00 (独) 6月 ZEW景況感調査
18:00 (欧) 5月 消費者物価指数(HICP、改定値)
21:30 (米) 5月 小売売上高

6月19日(水)

(米) 休場
08:50 (日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨
15:00 (英) 5月 消費者物価指数(CPI) 
17:00 (南ア) 5月 消費者物価指数(CPI)

6月20日(木)

07:45 (NZ) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP)
16:30 (スイス) スイス国立銀行3カ月物銀行間取引金利誘導目標中心値(前回)1.50%→(予想)1.50%
20:00 (英) イングランド銀行(BOE、英中央銀行金利発表(前回)5.25%→(予想)5.25%
20:00 (英) 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 (米) 5月 住宅着工件数 
21:30 (米) 6月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数
21:30 (米) 前週分 新規失業保険申請件数
21:30 (米) 前週分 失業保険継続受給者数

6月21日(金)

08:30 (日) 5月 全国消費者物価指数(CPI)
15:00 (英) 5月 小売売上高 
16:30 (独) 6月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
16:30 (独) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
17:00 (欧) 6月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
17:00 (欧) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
17:30 (英) 6月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
17:30 (英) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
22:45 (米) 6月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
22:45 (米) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
23:00 (米) 5月 中古住宅販売件数 

 

今週のポイント

7月の日銀政策決定会合まで円安か?

14日の日銀政策決定会合後の植田日銀総裁の会見で長期国債の買い入れについて「減額する以上は相応の規模になる」と具体性のない内容で円安に。次回の日銀政策決定会合がある7月31日まで円安継続でしょうね。また事前にリークさせて織り込ませるとは思うが・・・

それとFOCMのドットチャートでは前回3月時点の年3回の利下げ示唆から年1回の利下げ示唆へと上方修正。これも円安材料でドル円、クロス円とも強そう。

サンバイオ祭りの賞味期限は18日(火)までか?

(4592)サンバイオが6月12日、再生細胞薬SB623について、19日開催の薬事審議会・部会で製造販売承認の可否について審議すると発表すると、3日連続ストップ高で775円。いつまで続くかストップ高

(4592)サンバイオ 日足チャート(1年間)

ただ、サンバイオはいつもSB623の認可でお祭りになった後、やっぱダメで倍返しのストップ安になるから注意。

ここ塩漬けになってるから今度こそと期待はしているけど、毎回、裏切られているからね。今回もダメ予想。

 

今週の投資戦略

塩漬け株のサンバイオのストップ高は18日までかな。19日に承認されないことになって400円くらいに戻るのでは。期待はしてません。

 

FXはクロス円が高過ぎて手が出ないので、ドル円のロングスキャルでコツコツ。

メキシコペソ円がロング塩漬けになってるけど、8.3円割れたら入ってみよう。
でも底付けた気がするから8.3円は割れないかも。

メキシコペソ円 日足チャート(1年間)

先週は仕事が忙しくて日銀政策決定会合の日は休めず、植田日銀総裁の記者会見もリアルに見れなかった。

また何度も欝病で失業生活しているから仕事があるのは本当に幸せ。
今の仕事はハラスメントもないし、出来る限り長く契約してもらえるよう頑張る。

 

岸田バカ政権は『貯蓄から投資へ』と今年から新NISAを開始したものの、海外投資に回って円安の要因に。国内限定にしとけばよかったのに。

やることなすこと裏目に出る岸田政権。国家のために早く辞任して欲しい。。。

 

持株の評価損益

現物取引(口座1)

銘柄 買値 時価 評価損益
(2929)ファーマフーズ 1,863 × 100株 985 -87,800円
(4592)サンバイオ 2,596 × 100株 775 -182,100円
(6203)豊和工業 1,208 × 100株 820 -38,800円

口座1の現物評価損益合計 -308,700円(先週比+39,200円)

現物取引(口座2)

銘柄 買値 時価 評価損益
(2121)MIXI 5,765 × 100株 2,901 -286,400円
(3692)FFRIセキュリティ 12,014 × 100株 1,870 -1,014,400円
(8202)ラオックスホールディングス 4,920 × 100株 212 -470,800円
(8411)みずほフィナンシャルグループ 4,850 × 100株 3,063 -178,700円

口座2の現物評価損益合計 -1,950,300円(先週比+8,600円)

 

ブログ村に参加しています。ポチっと応援して頂けると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

植田日銀総裁が喋ると円安!ドル円159円覚悟

f:id:siozukekabu:20210606194708p:plain

作戦失敗!ドル円押し目拾っても怖くて放置できないあじゃぱーです。

先週の振り返り

先週の日経平均終値は38,683.93円と先々週末から+196円(+0.51%)

来週のFOMCと日銀金融政策決定会合を控えてなのか、日本株はレンジ相場になって動きなしでした。
持ち株は相変わらずの低迷状態でやること無し。

為替は米4月雇用動態調査(JOLTS)求人件数が予想を下回り、ドル円は154円台半ばまで円高になったと思いきや155円台半ばで推移。

週末の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が27.2万人増と市場予測の18.5万増を大きく上回って米長期金利が上昇してドル高に。ドル円は157円台まで急上昇。

ドル円 1時間足チャート(5日間)

先週の投資戦略ではドル円が156円台前半、155円台でロングできたら放置作戦だったのですが、JOLTSが悪かったので米雇用統計も悪いと思い薄利で利確。

せっかくの押し目拾いできても怖くて放置できず。作戦失敗でした。

 

大失敗はメキシコペソ円を9.62円で10Lotロングしちゃってること。現在8.51円で7万円の含み損。8円寸前まで落ちそうです。。。

メキシコペソ円 日足チャート(1年間)

 

今週の予定 

6月10日(月)

(中) 休場、(豪) 休場
08:50 (日) 4月 国際収支・貿易収支
08:50 (日) 1-3月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比](前回)-0.5%→(予想)-0.5%

決算発表
(2929)ファーマフーズ

6月11日(火)

15:00 (英) 5月 失業率

6月12日(水)

10:30 (中) 5月 消費者物価指数(CPI) 
15:00 (英) 4月 月次国内総生産(GDP)
21:30 (米) 5月 消費者物価指数(CPI) [前月比](前回)0.3%→(予想)0.1%
27:00 (米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表(前回)5.25-5.50%→(予想)5.25-5.50%
27:30 (米) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

6月13日(木)

10:30 (豪) 5月 失業率
21:30 (米) 5月 卸売物価指数(PPI)
21:30 (米) 前週分 新規失業保険申請件数
21:30 (米) 前週分 失業保険継続受給者数

決算発表
(3038)神戸物産
(4592)サンバイオ

6月14日(金)

(日) 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
15:30 (日) 植田和男日銀総裁、定例記者会見
23:00 (米) 6月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値
26:30 (欧) ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、発言

 

今週のポイント

FOMCタカ派・利下げ後退でドル高再燃か?

先週の強い米雇用統計の結果を受けて、米国の9月の利下げ期待は後退。

日本時間6月13日(木)の3時半からのパウエルFRB議長の記者会見で利下げ時期や利下げ回数のヒントが得られるか?

FOCM前の12日(水)の21時半に米5月消費者物価指数(CPI)も発表されるので、為替は乱高下しそうですね。

ドル円は158円トライかも。

日銀金融政策決定会合国債買い入れ減額あるか?

日銀が国債の買い入れ減額を検討するという観測報道が最近飛び交って円安一服状態ですが、「今の月間6兆円程度の長期国債買い入れ額を5兆円程度に減額する程度の微修正にとどまる可能性が高い」との記事もあり、材料出尽くしで円安に動きそうな気がする。

とにかく植田日銀総裁が喋ると円安に動くのでドル円は159円は覚悟です。

前日深夜に報道機関に意図的にリークさせたり、ダマシだったりするので乱高下しそう。

ほんと織り込みさせるためのリークだけは止めて欲しい!

 

今週の投資戦略

株は資金不足で動けず。仮に資金があってもきな臭い雰囲気なので買い時ではない感じ。

FXは12日までドル円が156円台ならロングスキャルでコツコツ作戦継続です。156円割れならFOMCの結果を見るまで放置。決済指値は取り消して寝ます。

メキシコペソ円は8.2円まで下げたらナンピンロングです。

問題は14日の日銀政策決定会合。
恐らく現状維持か、やっても小額の国債買い入れ減額

FOMC後の位置次第ですが、植田日銀総裁がまた失言しそうだから、17時過ぎるまで動かないほうが良さそう。

先週は一目均衡表の雲を突っ込むことを願ってましたが、やっぱり反発。
塩漬けドル円ショートがまだまだあるから円高に行って欲しいけど、また植田のせいで円安だろうな~

ドル円 日足チャート(3ヶ月)

さて、仕事のほうは順調です。今のところ9月までは延命できるので真面目に仕事して稼ぎます。

でも賃上げはなし。正社員は賃金上がっても、その補填に非正規の人員を減らしているのが現実。

電気・ガス料金の補助金は6月使用分から廃止しても、ガソリン補助は夏以降も継続と国民より企業に恩恵を与える岸田政権。

それでも野党はダメ、批判ばっかりと自民党に支持する国民が多いことに将来絶望しかない。

 

持株の評価損益

現物取引(口座1)

銘柄 買値 時価 評価損益
(2929)ファーマフーズ 1,863 × 100株 917 -94,600円
(4592)サンバイオ 2,596 × 100株 489 -210,700円
(6203)豊和工業 1,208 × 100株 808 -40,000円

口座1の現物評価損益合計 -347,900円(先週比+2,600円)

現物取引(口座2)

銘柄 買値 時価 評価損益
(2121)MIXI 5,765 × 100株 2,864 -290,100円
(3692)FFRIセキュリティ 12,014 × 100株 1,775 -1,023,900円
(8202)ラオックスホールディングス 4,920 × 100株 213 -470,700円
(8411)みずほフィナンシャルグループ 4,850 × 100株 3,108 -174,200円

口座2の現物評価損益合計 -1,958,900円(先週比-14,000円)

 

ブログ村に参加しています。ポチっと応援して頂けると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

円安、株安、債券安のトリプル安が現実味

f:id:siozukekabu:20210606194708p:plain

止まらない円安。安心してロングスキャルできるようになってきたあじゃぱーです。

先週の振り返り

先週の日経平均終値は38,487.90円と先々週末から-158円(-0.41%)

31日、日本の10年物国債利回りが約13年ぶりに1.103%まで上昇。半年で約0.5%ポイント上昇しています。

また、31日に財務省が4月26日~5月29日までに過去最大の9.7兆円の為替介入を実施したことを発表。

長期金利が上昇しても、過去最大の為替介入をしても、円安のトレンドは変えられず。
米国の利下げも早くても9月となれば、再度、160円トライする展開になりそうです。

日本10年物国債利回り 日足チャート(6ヶ月)

ドル円 日足チャート(6ヶ月)

さて、トレードのほうは株は資金なしで動けず。FXはコツコツとロングスキャルしてますが、ドル円は膠着、クロス円は一本調子の上昇でなかなか入れず薄利に終わりました。

しかし、塩漬けショートのマイナススワップで利益は帳消し。

損切りはもう少し円高になってからと待ってるのですが、もう円高にはならない気がしてきました。

 

今週の予定 

6月3日(月)

(NZ) 休場
10:45 (中) 5月 Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)
16:55 (独) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
17:00 (欧) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
17:30 (英) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
22:45 (米) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
23:00 (米) 5月 ISM製造業景況指数(前回)49.2→(予想)49.7

6月4日(火)

18:30 (南ア) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP)
23:00 (米) 4月 雇用動態調査(JOLTS)求人件数
23:00 (米) 4月 製造業新規受注

6月5日(水)

10:30 (豪) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP)
10:45 (中) 5月 Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)
16:55 (独) 5月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
17:00 (欧) 5月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
17:30 (英) 5月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
21:15 (米) 5月 ADP雇用統計(前回)19.2万人→(予想)18.0万人
22:45 (加) カナダ銀行 政策金利(前回)5.00%→(予想)4.75%
22:45 (米) 5月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
23:00 (米) 5月 ISM非製造業景況指数(総合)(前回)49.4→(予想)50.7

6月6日(木)

21:15 (欧) 欧州中央銀行(ECB)政策金利(前回)4.50%→(予想)4.25%
21:30 (米) 前週分 新規失業保険申請件数、失業保険継続受給者数
21:45 (欧) ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

6月7日(金)

15:00 (独) 4月 鉱工業生産
18:00 (欧) 1-3月期 四半期域内総生産(GDP、確定値)
21:30 (加) 5月 雇用統計
21:30 (米) 5月 非農業部門雇用者数変化(前回)17.5万人→(予想)18.5万人
21:30 (米) 5月 失業率(前回)3.9%→(予想)3.9%
21:30 (米) 5月 平均時給

 

今週のポイント

日本株長期金利上昇で利払い負担増加で軟調か?

長期金利上昇でグロース株は悲惨な状態になってますが、東証プライム市場の不動産や建設業も軟調となってきました。

帝国データバンクの調査では企業の4割近くが金利上昇が業績にマイナス影響とのこと。
円安で恩恵受けてる企業でも有利子負債が大きい製造業なども業績に影響しそうですね。

円安、株安、債券安のトリプル安が強まってきた。

ECB政策金利、米雇用統計など重要イベントで乱高下か?

今週は重要イベント目白押しです。

米国でISM製造業・非製造業景況指数や雇用統計。欧州、カナダは政策金利が発表されます。

欧州、カナダは利下げとの予想ですが、ユーロ安ドル高で

また、来週はFOMC(6/11~12)と日銀金融政策決定会合(6/13~14)が控えているので、思惑で大きく動きそうです。どちらも金利は据え置きでしょうけど。

今週は緊張の一週間になりそうです。

 

今週の投資戦略

今週も株は資金不足で動けそうになさそうです。

FXはクロス円は高値圏にあってロングは怖い。かと言ってショートも怖い。

今週もドル円のロングスキャルでコツコツです。ドル円が少し下がれば押し目買いが出てくるので156円台では安心してトレードできそう。

ただ、スキャルして5pで決済した後に30pくらい上昇するパターンの連続なので、156円台前半、155円台でロングできたら放置です。

ドル円の日足の一目均衡表を見ると雲に入りそうな気もするので、ズルッと雲の下に行くかもとは願ってます。(多分、反発するだろうけど)

ドル円 日足チャート(1年)

6月から所得税と住民税の定額減税が実施されますが、電気料金が上がり、食料品も600品目以上が「円安値上げ」。

定額減税額の給与明細への記載義務化で国民からは批判殺到。岸田政権の恩着せがましい政策でも岸田政権を支持する国民が2割以上いることに憤りを感じる。(メディアの支持率に信憑性はないが・・・)

 

続く物価高と投資の大損失で人生どうでもいいって感じ。

6月からは終活のため不用品を処分して身軽になろう。

含み損抱えたポジションも処分したいのだが・・・

 

持株の評価損益

現物取引(口座1)

銘柄 買値 時価 評価損益
(2929)ファーマフーズ 1,863 × 100株 861 -100,200円
(4592)サンバイオ 2,596 × 100株 468 -212,800円
(6203)豊和工業 1,208 × 100株 822 -38,600円

口座1の現物評価損益合計 -347,900円(先週比+3,700円)

現物取引(口座2)

銘柄 買値 時価 評価損益
(2121)MIXI 5,765 × 100株 2,867 -289,800円
(3692)FFRIセキュリティ 12,014 × 100株 1,805 -1,020,900円
(8202)ラオックスホールディングス 4,920 × 100株 214 -470,600円
(8411)みずほフィナンシャルグループ 4,850 × 100株 3,214 -163,600円

口座2の現物評価損益合計 -1,944,900円(先週比+24,900円)

 

ブログ村に参加しています。ポチっと応援して頂けると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

円独歩安でキャピタルフライトが現実味

f:id:siozukekabu:20210606194708p:plain

円安が止まらないと言っておきながら、怖くて円売りできないあじゃぱーです。

先週の振り返り

先週の日経平均終値は38,646.11円と先々週末から-141円(-0.36%)

日経平均20日(月)に4月15日以来となる39,000円台まで回復。
23日(木)はエヌビディアの好決算で半導体関連株が買われ39,103.22円まで上昇も39,000円は維持できず、上値値の重い展開でした。

酷いのはグロース株!

日本の10年債利回りが11年ぶりに1%台まで上昇して、高PERの新興株が売られて連日で年初来安値を更新です。

東証グロース市場指数 週足チャート(2年)

為替はFRB高官の利下げ慎重姿勢の発言でドル高円安。クロス円も上昇してやっぱり円は独歩安。円安は止まりません。

ユーロ円は為替介入前を超えてきそう。

ドル円 日足チャート(6ヶ月)

ユーロ円 日足チャート(6ヶ月)

FXはドル円と豪ドル円のロングスキャルでコツコツと小銭を稼いでも高すぎて入るのが怖くて回転が利かず。ショートのマイナススワップで先週も損益はマイナスです。

円高に動いて証拠金維持率が上がればロングを放置する作戦なんですけど、先週も身動き取れない状態でした。

 

今週の予定 

5月27日(月)

(英) 休場、(米) 休場
09:05 (日) 植田和男日銀総裁、発言
17:00 (独) 5月 IFO企業景況感指数

5月28日(火)

10:30 (豪) 4月 小売売上高
22:00 (米) 3月 ケース・シラー米住宅価格指数
23:00 (米) 5月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)

5月29日(水)

10:30 (豪) 4月 消費者物価指数(CPI) 
21:00 (独) 5月 消費者物価指数(CPI、速報値)
23:00 (米) 5月 リッチモンド連銀製造業指数
27:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック

5月30日(木)

(南ア) 南アフリカ準備銀行(中央銀行政策金利(前回)8.25%→(予想)8.25%
16:00 (スイス) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP)
18:30 (南ア) 4月 卸売物価指数(PPI) 
21:30 (米) 1-3月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値)
21:30 (米) 前週分 新規失業保険申請件数、失業保険継続受給者数

5月31日(金)

10:30 (中) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI)
18:30 (欧) 5月 消費者物価指数(HICP、速報値)
21:30 (加) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP)
21:30 (米) 4月 個人消費支出(PCEデフレーター)
22:45 (米) 5月 シカゴ購買部協会景気指数

 

今週のポイント

日本の10年物国債の利回りの上昇は続くか?

22日(水)に10年物国債の利回りが2013年5月以来、約11年ぶりに1.000%をつけ、24日(金)はさらに1.005%と12年ぶりの高水準。

6月の日銀政策決定会合で追加利上げの前倒し、国債買い入れの減額の観測から長期金利が上昇しているようだ。

さらに上昇しそうな気がするけど、上昇しすぎると買いオペしてさらに円安加速するかも。

円安を止めるには日銀が金融政策を正常化して政府がデフレ脱却宣言すればと思うのだが、ビビリの植田日銀総裁と経済オンチの岸田内閣にはできないだうろね。

FRB高官の講演での発言で円安加速に注意!

先週はイエレン財務長官はロイター通信のインタビューで為替介入について「極めてまれで例外的な状況でのみ認められる」と述べてドル円は157円台に。

アトランタ連銀のボスティック総裁も「第4四半期前の利下げは予想していない」と米国の要人発言で円安が止まりません。

要人発言のスケジュールは押さえておきたいところですね。

27日(月)
 植田日銀総裁、日銀金融研究所主催国際コンファランス開会挨拶
 内田日銀副総裁、日銀金融研究所主催国際コンファランスで講演

28日(火)
 メスター・クリーブランド連銀総裁、日銀主催イベントで講演
29日(水)
 安達日銀審議委員、金融経済懇談会で講演
30日(木)

 ウィリアムズNY連銀総裁、NYエコノミッククラブで講演
 ローガン・ダラス連銀総裁、イベント講演
 ボスティック・アトランタ連銀総裁、経済見通しについて講演

 

今週の投資戦略

株は現金がないので何もできず。

FXも証拠金維持率低下で1Lotのスキャルでコツコツ。しかし、ドル円が155円台が絶好の押し目水準になるとは全く予想もしてなかった。

為替介入もイエレンおばさんに怒られてできそうにない。ジワジワドル円は160円台突入ですね。

円独歩安で資金が国外に流出するキャピタルフライトが現実になってきた。

その一つの原因が岸田政権の目玉政策の新NISAも原因の一つ。

そうなると日本株には魅力なし。長期金利の上昇して日本の株価も下げ出してくるのでは。

 

さて、仕事は順調なんですけど投資鬱なのか体調がよくない。

土日の休みは家でゴロゴロ。まったくやる気がしない。お酒の量も増えて精神も肉体もボロボロ。

損切りで老後資金が吹っ飛んだダメージはかなり大きい。

世界保健機関(WHO)の定義では65歳以上が高齢者なのに、岸田政権は高齢者の定義「5歳引き上げ」なんて言い出した。

だったら安楽死の権利も認めて欲しいものだ!

 

持株の評価損益

現物取引(口座1)

銘柄 買値 時価 評価損益
(2929)ファーマフーズ 1,863 × 100株 861 -100,200円
(4592)サンバイオ 2,596 × 100株 468 -212,800円
(6203)豊和工業 1,208 × 100株 822 -38,600円

口座1の現物評価損益合計 -351,600円(先週比-1,000円)

現物取引(口座2)

銘柄 買値 時価 評価損益
(2121)MIXI 5,765 × 100株 2,770 -299,500円
(3692)FFRIセキュリティ 12,014 × 100株 1,732 -1,028,200円
(8202)ラオックスホールディングス 4,920 × 100株 204 -471,600円
(8411)みずほフィナンシャルグループ 4,850 × 100株 3,145 -170,500円

口座2の現物評価損益合計 -1,969,800円(先週比-6,700円)

 

ブログ村に参加しています。ポチっと応援して頂けると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村